HOME > お知らせ, ブログ, 不妊担当スタッフ > 第37回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座に参加しました

第37回不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター養成講座に参加しました

講演の内容の一部です。

精索静脈瘤

男性不妊の原因の一つで、男性の5人に1人が罹患しているそうです。罹患者すべてが精子数が減少するわけではないのですが、質の低下は起こるということでした。不妊専門の泌尿器科で診察を受け、手術が必要になるケースもあります。術後、精子数は変化しなくても、質の上昇がみられる場合があるようです。

特別養子縁組

普通の養子縁組と異なり、実子として戸籍に入る制度です。日本では家庭に恵まれない子の97%が施設で養育されるそうです。先進国の多くは、里子や養子として家庭に入ることが多いそうです。

タイムラプス

タイムラプスを開発した医師の報告です。開発当初は、胚の時系列解析が可能になり、妊娠率の向上につながると考えていたそうですが、多くの症例の観察、解析を行った結果、胚盤胞移植はやめて、すべて初期胚移植だけにしたそうです。

当院でも、外で長く培養するより、お腹の中の方がよいのではないかと考えていて、体外受精をはじめた16年前から初期胚移植をおすすめしています。

 

今後も頑張って勉強し、皆様への治療に役立てられたらと思っております。 


 
9:00~12:00
(受付:9:00~11:30)
ガン検診【予約制】
AM 9:00~11:00
※1
14:00~18:00
(受付:14:00~17:30)
ガン検診【予約制】
PM 14:00~16:00
/ /

休診日:日曜、祝日

※1 毎週金曜日午前中は、原田洋子先生が診察しております。休む時もございますので、事前にお問い合わせください。
 原田洋子先生診察時には、乳ガン検診を行っておりません。

診察予約用電話番号
お車でご来院の際は、当院目の前の大手町ワイドパーキング・ヤマサパーキング・ アイペックをご利用ください。 駐車券をご提示いただければ、1時間無料駐車券をお渡しいたします。