HOME > ブログ, 不妊担当スタッフ > ビタミンDの血中濃度が低いとエストロゲン、プロゲステロンレベルが低下する

ビタミンDの血中濃度が低いとエストロゲン、プロゲステロンレベルが低下する

ビタミンDと妊娠しやすさは、以前から相関すると言われています。

今回、血中のビタミンDの値は低いと、高い女性に比べ、エストロゲンの平均値が12.7%低下し、プロゲステロンの平均値も7.3%低下するという結果になりました。(IMT College  Hum Reprod2020 Febより 簡単な言葉にしました)

日光にあたらないとビタミンD不足になってしまいます。サプリメントで積極的に補いましょう。


 
9:00~12:00
(受付:9:00~11:30)
ガン検診【予約制】
9:00~11:00
※2 ※1
14:00~18:00
(受付:14:00~17:30)
ガン検診【予約制】
14:00~16:00
/ ※2 /

休診日:日曜、祝日

※1 毎週金曜日午前中は、原田洋子先生が診察しております。
※2 毎週木曜日は岩端秀之先生と院長で診察を行っております。
休む時もございますので、事前にお問い合わせください。原田洋子先生診察時には、乳ガン検診を行っておりません。

診察予約用電話番号
お車でご来院の際は、当院目の前の大手町ワイドパーキング・ヤマサパーキング・ アイペックをご利用ください。 駐車券をご提示いただければ、1時間無料駐車券をお渡しいたします。