HOME > 不妊治療の費用について

不妊治療の費用について

費用一覧(自費の場合)

● 保険については、全国統一されていますので、こちらには記載していません。

● 下記の他に、投薬代、検査代などがかかります。
● 静岡県や、他の市町村、企業から、治療後に申請すると助成金がもらえます。
 (所得制限がある自治体もあります。)

☆ 当院の精子の調整方法は特別な方法で行っています。

自費診療 費用(税込)
採卵術 110,000円
体外受精(c-IVF)
(媒精+初期培養含む)
66,000円
顕微授精(ICSI)
(顕微授精1個+初期培養含む)
110,000円
※採卵が水・土の場合は追加料金(11000円)がかかります。
顕微授精 追加
(2個から4個まで)
11,000円 (1個につき)
顕微授精 追加
(5個以上)
5,500円 (1個につき)
胚盤胞培養
(個数問わず)
22,000円
胚凍結保存
(2年間保管)
33,000円
※胚凍結デバイス2本目より1本追加につき+5500円
卵子凍結保存
(2年間保管)
55,000円
※卵子凍結デバイス2本目より1本追加につき+5500円
胚・卵子凍結保存更新
(3年目以降)
22,000円
※2個44000円/年 3個以上66000円/年
胚・卵子凍結保存更新
(3年目以降)※医学的適応
22,000円
※個数問わず/年
胚移植 55,000円
胚・卵子融解 22,000円
※卵子・胚凍結デバイス3本目より1本追加につき+5500円
採卵当日精子調整 11,000円
卵管通水検査 6,600円
超音波卵管造影検査 22,000円
精液検査 4,400円
精子凍結 22,000円
精子凍結更新
(2年目以降)
11,000円
※2本22000円/年 3本33000円/年 4本44000円/年 5本以上55000円/年
精子凍結更新
(2年目以降)※医学的適応
22,000円
※本数問わず/年

 

■先進医療

自費診療 費用(税込)
タイムラプス撮像法による受精卵・胚培養 30,000円
ヒアルロン酸を用いた生理学的精子選択術
(PICSI)
30,000円
子宮内膜刺激術
(SEET法)
30,000円
子宮内膜擦過術
(子宮内膜スクラッチ)
10,000円
子宮内膜細菌叢検査1
(EMMA、ALICE)
70,000円
子宮内膜細菌叢検査2
(子宮内フローラ検査)
55,000円
子宮内膜受容能検査1
(ERA検査)
130,000円

 


 
9:00~12:00
(受付:9:00~11:30)
ガン検診【電話予約制】:
9:00~11:00
※2 ※1
14:00~18:00
(受付:14:00~17:30)
ガン検診【電話予約制】:
14:00~16:00
/ ※2 /

休診日:日曜、祝日
不妊治療初診の方と相談のある方は、午前は11時まで、午後は4時までにご予約下さい。

※1 毎週金曜日午前中は、原田洋子先生が診察しております。
※2 毎週木曜日は岩端秀之先生と院長で診察を行っております。
休む時もございますので、事前にお問い合わせください。原田洋子先生診察時には、乳ガン検診を行っておりません。

診察予約用電話番号
お車でご来院の際は、当院目の前の大手町ワイドパーキング・ヤマサパーキング・ アイペックをご利用ください。 駐車券をご提示いただければ、1時間無料駐車券をお渡しいたします。